---TENGA史上初の電動ホール『FLIP 0(ZERO)ELECTRONIC VIBRATION』試してみた結果・・

TENGA史上初の電動ホール『FLIP 0(ZERO)ELECTRONIC VIBRATION』試してみた結果・・

巷で話題沸騰、当店でも先月お問い合わせ数がダントツだったTENGA史上初の電動オナホールを試してみました。

 

 

 

 

 

パッと見、アダルトグッズに親しみの無い人が見たら新しい電化製品かな?
あ、もしかしてこれが噂のiphone X?なんて思ってしまうかどうかはさておき、
相変わらずのスタイリッシュなルックス。
外箱に関しても本当にiphoneを意識しているんじゃ?と思ってしまうような感じでした。

 

 

 

 

本体の外見をパっと見た感じでは前作の『フリップゼロ』とさほど違いは無いように見えますね。
ただ一番の違いはこのパーツ。

コの字型のスライドアームを本体に取り付けることにより
バイブレーション機能や充電機能などのエレクトリックな機能が覚醒します。

 

 

 

動作スイッチはこちら。
この部分を長押しすると振動機能がONになり、スイッチを押すごとに全5パターンの振動機能が切り替わっていきます。

 

 

ではスイッチを入れるとどの部分が振動するのか?
それはこちらの部分です。

 

 

左右・上下に一個ずつゲルの内部に埋め込まれたローターが
振動するという仕組みになっているようです。

 

 

そして挿入口はこちらです。
降りたたんだときのちょうど関節部分から挿入することができます。
ちなみにこの挿入口の開き感を見てTKGは地元の小学校の池に居た鯉を思い出しました。

 

 

公式の内部構造画像でも内部構造を見てみましょう。

オナホールというか懐中時計のからくりのような複雑な構造に見えてしまいますね。
素材は高品質のゲルで作られており、触ってベタベタするような油っぽさはなく、
弾力性がありブリンブリンッ!としています。

 

それではさっそく電動機能をONにして、いざ挿入してみましょう・・・

 

 

 

 

結果

 

力強くありつつも粗野ではない
どこか紳士さを感じる
高級感のある振動

 

 

 

今までオナホールに自分で無理矢理ローターを入れて、
改造式電動ホールや!なんて裏技テクニックを使っていたこともありましたが、
そういう荒々しく粗野な次元とは全く違う、力強くありつつも丸味のある振動感。
アクの強い根菜を何度何度もアク取りして最終的に完成した料亭のお吸い物…とでも言いましょうか。
『ワイは今すごく質のいい振動感を味わってるやで・・・(恍惚)』と思わせてくれました。

 

 

 

5段階の振動パターンの種類は(弱→強→リズム振動→スワップ振動→ランダム振動)。
個人的には強とランダム振動が好みに合いました。
このパターンであれば、ストローク無しでも絶頂にまで持っていけるレベルはあると感じました。

 

 

 

内部構造自体の評価については抜群に気持ちがいい!というレベルの感触では無く、
かといって悪くはない。オナホオナホしたボコボコした刺激をしっかりとペニスに与えて来てくれます。
ねっちょりととろけてまとわりつくといったような感触よりもエッジ感が効いてるベクトルですね。
そのあたりは好みがわかれるかもしれません。
電動ホールなのだから当然なんですが、あくまで振動機能ありきで使うのがベストとだと思います。

 

付属品にパウチローションが二袋付いてくるんですが、TKGは比較的たっぷり使いたい方なので
付属のローションだけでは足りない、と思いました。
同じようにたっぷり好きの人はあらかじめ別にローションも買っておいた方がいいかもしれません。

 

 

 

ちなみに補足的な使い方として、絶頂に達したあとすぐに振動機能をOFFにせずに
そのまま振動をONにした状態でペニスの根元部分ら辺に押しあてながら余韻を感じると
ちょっとしてとろけるような気持ちよさを味わえます。
満足感、至福感がジワジワ得られるような感覚に陥りました。

 

 

前作『フリップゼロ』とどっちがイイ?

前作フリップゼロと今作どっちの方がいいか?と決断を下すのならば
TKG的には今作のエレクトリックなフリップゼロを選びます。
ローターが埋め込まれてるだけなら別でローター買って自分で付ければええだけやん、
なんて思う人こそ是非試してください。使う前に全く同じことを考えていたTKGを
なるほどね・・と納得させたポテンシャルは確かにあると思います。

 

 

そしてもちろん今回も従来のフリップシリーズ同様、ローターが内部に組み込まれていようと
今までと同じようにパカッと開けて丸々水洗いできます。
本当にこの洗いやすさ、そして乾かしやすさは頭があがります・・

2017-10-13T22:38:25+00:00 2017/10/07|Categories: ブログ, 則武店ブログ|