---世界最大級のデザイン賞も受賞した『快感のオブジェ』とは?

世界最大級のデザイン賞も受賞した『快感のオブジェ』とは?

今回は内部形状を外観にした洗練されたオナホール『TENGA3D』シリーズのご紹介です!

 

 

 

 

 

 

 

 

HOLEにおける内部形状は「刺激を与える」という目的しか持ちえなかった。しかし、「ひっくり返して→洗って→乾かす」というプロセスを考えたとき、内部形状はむしろ「外観」となる。この視点をもった瞬間、快感を生み出すディテールと造形美の融合は、オナニーの極致を目指す者にとっての理想となる。
テンガ 3D。それは、発想の転換が生んだ「快感のオブジェ」だ。

 

 

まるで学会的な何かで発表された文章のような仰々しさがある上記の引用文はTENGA公式のTENGA3Dの商品紹介。
大体オナホールのキャッチコピーというものは『ズリ倒せ!精子の種が尽きるまで!『とにかく亀頭ちょをブリンブリンするぜ!』など性的衝動をむさぼり起こしてくるような振り切ったキャッチコピーが多いものですが、TENGAは常に格式高いキリッとしたブランディングを守り続けていますね。

TENGAと聞くと、一般的にはこの赤いカップホールをイメージされる方が多いと思います。
ちなみにこちらの商品名はTENGAのカップホールシリーズのディープスロートカップです。

 

カップホールシリーズの特徴としては一回使い切り、ローションは既に内部に充填されているのでパッケージを破って下部にはめ込まれた蓋を外せば、あとはペニスを入れるだけですぐにオナニーができるというものです。また上部にはシールで隠された穴があり、その部分を指でふさいで内部の空気圧(バキューム感)を調節できます。オナホールであれば奥からギュッギュと握って空気を押し出せば空気抜きできるのですが、カップホールは側が硬く握りつぶすことができないのでその代用策というわけですね。

 

今回ご紹介するTENGA3Dシリーズはカップホールではなくオナホールになります。
特徴としてはカップホールと違い使用後も洗って繰り返し50回は使える耐久性。そしてなんといっても『内部形状が外観になっている』という点ですね。公式の説明にもあるように使用後の洗浄や乾燥のしやすさを追求した結果、本来裏側の構造を表に持ってきたのがTENGA3D。こうすることで従来の造形のオナホールよりも清潔にオナホライフをエンジョイできるというわけです。

 

 

使い方としてはまず本体をひっくり返し、そこからは通常のオナホと使用方法は同じくローションを注入して空気抜きをし挿入。
使用後はひっくり返し洗浄した後、台座に刺して乾燥します。

 

 

普通のオナホールで内部乾燥させるためにひっくり返してそのまま放置すると…本来あるべき形ではない状態で長時間放置されることによりオナホールがダメージを受け、結果使い物にならなくなってしまうこともよくあることですが、このTENGA3Dであればその心配はありませんね。

全5シリーズ、当店1Fにて販売中です!!
当店の売れ筋はZENです(っ´ω`c)

2018-01-21T22:06:21+00:00 2018/01/21|Categories: ブログ, 則武店ブログ|