---刺激系ホール好きにはたまらないど直球な刺激系ホール

刺激系ホール好きにはたまらないど直球な刺激系ホール

今回はRIDE JAPAN新作オナホール『ギチコリクワトロネード ハード』のご紹介です!

 

 

 

まだ記憶に新しいRIDEJAPANのふわとろ系オナホール『ふわゆるクワトロネード』。
今回ご紹介するのはそのハードバージョンですね。

 

オナホ業界の通例としてスタンダードバージョン発売⇒ハードバージョンorソフトバージョンが発売されるという流れがよくあるんですが、今回はやわらかいところからのスタートでスタンダードをすっ飛ばし一気にハードバージョンが発売されるという、なんというかドラクエでいうところの

こちらが身構える前に襲われてしまった感

 

がある発売のされ方でしたね。

 

 

重さは約470gで全長は約170mm、幅は75mmほど。
手に持ってみるとそれなりにずっしり感があり、中型ホールクラスの中ではやや大きめサイズになっています。
ハード素材なのでべたつきはほぼ無く、ブリンブリンした高弾力感のある素材感ですね。

 

内部構造を見てみるとなるほど、ギチコリという名にふさわしいギチギチとした狭穴感に横ヒダのゾリゾリがうねりながらひしめきあっていますね。一目見ただけで「これは見事な刺激系ホールですね」と言わずにはおれないほどのギチギチ感があります。

 

さっそく挿入してみると…日本人の一般的な長さ太さのペニスを持ったTKGでも挿入に若干手間取るくらい、ギチギチした挿入口ですね。ローションは多めに入れた方が良さそうです。
たっぷりとローションを注入し、ふんぬと力を入れペニスで中をかき分けていくと…

 

ひとこすりしただけで思わず白旗を上げそうになる強い刺激感

 

がペニス全体に襲い掛かってきました。
同じハードホールでもヴァージンループエイトロングハードはそれはそれは細かいゾリゾリがペニスに密着してゾワゾワゾリゾリ擦りあげてくるような感覚なんですが、このオナホの場合はかなり粗目でドッカンドッカン力任せに亀頭やらカリやらをオラオラァ!とこすってくる感じ。イボとはまた全然違いますが、ボコボコ責め立ててくる感はちょっと似ているような気がします。

わりかしゆっくりなスピードでストロークしはじめて5分も経たないうちに、TKGの亀頭が

「もうそろそろ限界だぽよ、、」

と悲鳴を上げ始め、気持ちいいという感度を通り越してビリビリしてしまうという感度の向こう側の世界に到達してしまったので、数秒休憩をはさみペニスのご機嫌を伺いながらストロークすることでフィニッシュを迎えられました。

 

わりと最近自分ではちょっとアイアンペニス化して刺激に耐性がついてきたかな?と思っていたのにも関わらずこの結果なので、このオナホールは「我、まごうことなき真のアイアンペニスの持ち主なり」と自信を持って言える人にお勧めしたいオナホールですね。

 

当店1Fメンズフロアにて絶賛販売中です!!

2018-06-08T23:25:42+00:00 2018/04/27|Categories: ブログ, 則武店ブログ|