---iroha temari(イロハ テマリ)、開封してみた

iroha temari(イロハ テマリ)、開封してみた

百貨店への出店でも話題となった女性向けセルフプレジャー・アイテムのブランドiroha。
新商品のiroha temari(イロハ テマリ)が本日5/24入荷したので実際のところ出来はどうなん?というわけでさっそく開封してみました。

 

 

 

 

 

 

irohaシリーズ最大出力のハイパワーモーター

従来のirohaシリーズはどちらかというと初心者向けのソフトな振動力のものが多く、グッズ中級者~上級者の人からすると正直パワーが足りず、物足りなさを感じるという声をよく耳にしていました。
今回の新商品はその声に応えるかのように、最大出力のハイパワーモーターが搭載されていて振動力が格段に強くなっているようですね。

振動力が強くなると問題になってくるのが、持っていると手が痺れて持ち続けられない問題。
しかしそんな問題にも対応し、防振設計で作られているようです。
それでは実際に開封していきましょう。

 

 

カラーは全部で3種類で、機能面は全く同じようですね。
アダルトグッズなのに下世話ないやらしさを微塵も感じさせないスタイリッシュなデザイン・造形はさすがirohaといった感じですね。
今回は風手毬【KAZE-TEMARI】を開封してみました。

 

 

パッケージは白を基調とした四角い紙箱ですね。
中身を空けてみると、取扱説明書・キャップが被った状態の本体・USB充電ケーブルが付属されています。

 

 

キャップと本体はテープで固定されているのでそれを取り、キャップを外すとこんな感じ。
最初商品画像を見たときはこの球の部分がカポッと取り外せてそれがローターになっていると思っていたんですが、土台とこの球の部分は完全にくっついています。
なので、洗浄するときはこのままの状態で洗いましょう。水深50cmまで水没可能な防水設計なので丸洗いもOK。

 

本体背面をみると磁石部分がちょんちょんと二つあります。ここに充電ケーブルのマグネット部分をくっつけて、PCや変換アダプタでコンセントにつなげば充電が開始されます。

※注意!

マグネットには正しい向きがあるので、マークがついている方を上にして本体と接続しましょう。
そしてとても気になった欠点がひとつ。マグネットの磁力が弱いのでちょっとの衝撃で簡単にずれます。

しかもちょっとでもずれると充電はSTOP。100%の正位置で固定するのもちょっとだけコツが入り、さらに固定したつもりでも線の重みでいつの間にかマグネットの位置がずれて知らない間に充電がSTOPしていたということが数回起こりイラッとしました。
もうちょっと通電部分に余裕を持たせてほしかったですね。

きちんと充電されていると、本体の下部とふちの部分が点灯します。フル充電まで120分、稼働時間は90分です。

 

手が痺れるほどの振動パワーの強さ

充電面では欠点がありましたが肝心の動作面はどうでしょうか。
機能としては4段階の強弱振動+2つのリズムパターンというわかりやすいシンプルなバリエーションですね。

 

そして今回のウリというべき振動力の強さはどうなのか。試してみたところバッチリ
過去最高の強さ。

この手毬のような小ささでアルカリ電池4本使用の小型電マ並みの振動力がありました。今までのirohaの振動力では満足できなかった方も「これはイイですね」と思わずニッコリできる振動力はあると思います。

 

 

振動力は強い、でも手は痺れにくい防震設計

土台部分の底面のボタン部分で動作パターンを切り替えていくんですが、この土台部分を持っていれば軽~く振動が伝わってくるくらいで手は痺れません。そのための土台だったんですね。
長い間あてがっていたいけど手が痺れて無理…!という人でも安心してロングプレイも可能です。

 

 


 

 

まとめ

irohaシリーズにしてはめずらしく充電面での不便さはあるものの機能面ではまったく問題は無く、シリーズ中過去最高の振動パワーを楽しむことができます。
本体にかぶせる蓋が付いているのも評価の高いところで、バックなどに入れて持ち運んでも本体が汚れる心配がありません。

iroha temariシリーズ3種は当店2Fレディースフロアにて販売中!ピンクザウルス2号店でもお買い求めいただけます。
(在庫数には限りがあるので、ご来店前に店舗へ在庫確認していただくとスムーズです)

 

 

2019-05-24T19:36:36+00:00 2019/05/24|Categories: ブログ, 則武店ブログ|