---【コラム】早漏と遅漏についてのお話

【コラム】早漏と遅漏についてのお話

人間の性交時間は自然界でみると優しいほうです。なぜなら、チンパンジーは3秒、ガラガラヘビは23時間も性交しているのですから…

早漏や遅漏で悩むカップルは多いですよね。
お互いのタイミングが合わずに別れの原因になったりならなかったり。
遅漏が過ぎるとフェラで顎が疲れるなんて話も聞きますし、早漏の方が愛を確かめやすい、でも早過ぎると物足りないとかなんとか。

どっちやねん!

失礼しました。とは言え、3秒は作業にしても早過ぎるし、23時間だともはや耐久レースでもお断りしたいですよね(たまにそういった企画もののAVもありますが)。
動物に比べたらずいぶんと上手くできてるのは、性行為に快楽を得られる人間の特権かもしれません。

 

 

 

 

ちなみに、早漏や遅漏の原因ってご存知でしょうか?
早漏の原因の一つとして考えられるのはペニスが強い刺激に慣れていないということです。
つまり、ペニスが刺激に慣れれば射精をコントロールできるかもしれません。

はい、そんなカップルさんの悩みの解決にオナホは打って付け!というわけですね。
具体的には、オナホコキで焦らしプレイ(場合によっては言葉責めも絡めると効果的!)

では逆に、遅漏の原因はなんでしょう?
その原因の一つとして考えられているのはオナニーのやり方です。
日ごろのオナニーで力強くペニスを握って刺激したり、特殊なオナニーをしているとその刺激に慣れてしまいます。
そうなると、本番の膣刺激では物足りなくなってしまい射精に時間がかかってしまうというわけですね。

ええ、もちろんそんなカップルさんにもオナホがオススメです!
オナホは特殊なオナニーなんかじゃありません。いたって普通の範疇ですよ、と強く伝えておきたいです。
(中にはだいぶ行き過ぎたコンセプトの商品も隠れていますが。)

具体的には、刺激度の低いまったりソフト系のオナホでオナホコキをしてあげるとバッチリですね。
オナホ以外の刺激を加えることで新たなる道が開けるかもしれませんよ。

 

最後に、お互いに快楽を得られるのだからこそ、パートナーを思いやった愛と理解のあるセックスを心掛けたいものです。

 

2020-02-20T22:30:07+00:00 2020/02/23|Categories: ブログ, 則武店ブログ|