---正しいローションの選び方!ローション~虎の巻~

正しいローションの選び方!ローション~虎の巻~

「どのローションを買えばいいの?わからない!」とローション選びでお悩みの方に…正しいローションの選び方、教えます!

 

 

 

 

ローションには用途別に適した様々な種類がある

ひとくちにローションと言えど、挿入痛緩和に適したもの、マットプレイに適したヌルヌル感の強いもの、サッとひとふきで拭い取れる洗い不要なものなど様々な種類があります。
その種類というのは『成分』のこと。成分が違えばその特性も変わるので、その特性それぞれ適している使用用途があると言った感じですね。

例えば膣内と違って自分で愛液を分泌し潤うことのできないアナルには、そのデリケートな粘膜を保護するためにも潤滑性の高い特性がある成分のローションを用いたほうがいい…と言った感じですね。

 

今回は「このプレイにはこの成分のローションを選ぶべき!」といった感じの紹介の仕方で、さらに成分ごとの長所・短所などもしっかり説明していきたいと思います。

 

セックス用(膣内挿入用)ローション

膣内への挿入・潤滑目的なら『グリセリン系』

グリセリンは化粧水や目薬など医薬品にも使用される非常に安全性の高い成分で、水に溶けやすく吸湿性が高いという特性があります。(厳密に言うと添加物)

いわゆるローションといった感じのベタベタ感・ネチョネチョ感が無く簡単に洗い流すことが可能。プレイ後に万が一膣内に残留してしまったとしても全く問題がありません。挿入痛の緩和用として安心してお使いいただけます。

 

短所をあげるとするならいわゆるローション!といったネッチョリ感が無いため、普段ペペローションなど多目的系(ポリアク系)ローションをお使いの方からすると物足りなさを感じるかもしれません。
粘度が低いため長時間グッズを挿入するようなプレイや全身ヌルヌルマットプレイなどに不向きなので気をつけましょう。

 

 

 

全身ヌルヌルプレイ用ローション

ローションとして思い浮かぶのはきっとコレ!王道の『ポリアク系』

ポリアク系、いわゆるポリアクリル酸ナトリウムは原材料費がとても安いうえに吸水性と増粘性に優れているためもっともアダルトグッズ業界で多用されているローションの成分です。
増粘剤として食品添加物にも使用されることがあり、万が一口の中に入っても人体に害を及ぼす危険性はありません。

 

大体の人がローションと聞いて連想するのは、このポリアクリル酸ナトリウムです。多目的用ローションとカテゴリされることが多いですね。
ヌルヌルネッチョリと糸を引くこの特性は全身をヌルヌルにしてソープごっこをしてみたり、手コキなどのハンドプレイにも適しています。

 

ただポリアク系は洗い流しにくく、肌水分を吸収します。しっかりと洗い落とさないと肌表面に残留し、乾燥の原因にもなります。
また洗いにくい膣内にも残留しやすいため、雑菌の繁殖を誘発する恐れがあります。プレイ後は念入りにしっかりと洗い落としましょう。

 

アナルプレイ用ローション

粘膜をしっかり保護してくれる『シリコン系』

海外では至極メジャーな成分なのが『シリコン系』。
水溶性とブレンドした半水溶性シリコンや、オイル状のタイプなど種類があります。
シリコンオイルはリンスや柔軟剤などに配合されていることも。

抜群の潤滑性能で非常に乾きにくい為、ハードなプレイでもしっかりと粘膜を保護することが必須なアナルプレイには大変重宝します。

 

 

ただ、非常に高い潤滑性能が故にかなりのしぶとさで洗い落としにくく、モノによっては石鹸で2~3回軽く洗った程度では落ちないほど。
そしてシリコン製のグッズとは相性が悪く、可能性としては低いものの化学反応を起こしてシリコン製グッズが溶けてしまう場合があります。

欠点は落ちにくいので洗い流すのに苦労することと、シリコン素材でできたアダルトグッズとの相性が悪いこと。 シリコン製のグッズにシリコン系ローションを使用すると、化学反応によってグッズの表面が溶けて異臭を放つ可能性があるのでご注意を。

安全安心・万能系ローション

安全性、潤滑性能も申し分ないオールマイティ『ポリクオ系』

色んな種類があることはわかったけど結局ややこしくてよくわからない!と言う人には「とりあえずコレを買っておけば何でも大丈夫」という最強の万能の成分がありますそれが『ポリクオ系』。

正式名称はポリクオタニウムといって、そのあとに-39など数値が付きます。数値が低いほどオイリー感が高くなり、数値が高くなると水っぽくなっていきます。

ポリクオタニウムは化粧品などにも使われるほど非常に安全性の高い成分。体液と同じphバランスで出来ているので膣内への挿入ももちろん、潤滑性も高いのでアナルプレイやオナホにも適しています。

 

だったら最初からポリクオ系ローションだけ紹介しろよ!というツッコミが入りそうですが、現在ポリクオ成分のローションを製造しているメーカーは非常に少なく、また原価も高いため知る人ぞ知る良品といった感じの立ち位置になっています。
ただグッズ専門店の立ち位置から言わせていただくと、安全性や使用感など総合的に考えて間違いなくおすすめできるローションは、この成分のローションで間違いありません。


 

 

現在様々なメーカーからアダルト用のローションが発売されています。
今回ご紹介した成分をどこで判別するかは商品の背面の内容成分表示、店頭にて展示しているプライスPOPにて各商品の内容を細かく説明しておりますので是非ご確認下さい。
もちろんご不明な点はスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

2020-04-08T22:21:30+00:00 2020/04/11|Categories: ブログ, 則武店ブログ|