---ストッキングの歴史

ストッキングの歴史

5月15日はストッキングの日!

1940年のこの日にアメリカのデュポン社がナイロンストッキングを全米で発売したことにちなんで
5月15日はストッキングの日なんだそうです。

今ではストッキングといえばほとんどがこのナイロン製のストッキングですが
その歴史は実はまだ100年も経ってないものなんですねー

本来は長い靴下、特に生地が薄手の編地の長靴下を指すそうで
その歴史はというと古くはなんと古代ローマ時代にまで遡るとか
古代ローマ時代に戦士がブーツの下に履いていたもので
ブーツが長くなっていくのにあわせて靴下も長くなって、やがてストッキングになったとか

また当時でも「ブーツを履いていない戦士のストッキング姿は女性のようだ」と言われていたようで
すでにその時代でも婦人用のストッキングが存在していたというお話もあったり。

 

時代は飛んで中世ヨーロッパの肖像画などで男性が履いている白いタイツのようなもの
あれもストッキングの元祖と言われているみたいです
太ももまである長い靴下で貴族や位の高い司祭などが身につけていたようで

長らく布製だったこれら長い靴下ですが
16世紀になると絹を用いた手編みのものが登場します
絹製でシワになりにくく肌触りもよいため大変に好評だったようで
木の枝(stock)を使った編み棒で編まれたことから
『ストッキング』という名前もこれに由来するんだとか

またこの絹の手編みストッキングには逸話があり
16世紀、当時の大英帝国女王エリザベス1世に即位の翌年に
新年のプレゼントとしてこの絹の手編みストッキングが贈られ
それを履かれたエリザベス1世は

「もう布製の靴下は履きたくない」

と周囲にこぼすほどお気に入りだったようです

そしてまた時代は進み1935年、デュポン社がナイロンを発明。
更に5年の時を経て1940年5月15日に全米でナイロンストッキングが発売されました。

ナイロンという合成繊維になったことで格段に強度があがり利便性はあがりますが
当時はまだまだ相当に高価で贅沢品だったそうで伝線してしまっても捨てることはなく
修理店に出してほつれを直してもらって履いていたそうです。

そこから戦後の安定や高度経済成長時代になり機械による自動化や
科学合成繊維の発達などにより今の時代のような安価になり流通も増え
誰でもが気軽に楽しめるファッションアイテムになったんですねー

 

 

当店でもデザインランジェリー、セクシーランジェリーとして
各種ストッキングやボディストッキングを多数取り揃えております。

プレイ時にいつもとひと味違うスパイスとして
気分を盛り上げるプラスアルファなアイテムとして
ストッキングにこだわってみるのはいかがでしょう?
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2020-05-11T19:14:41+00:00 2020/05/15|Categories: 則武店ブログ|